審美治療・ホワイトニング

審美治療

患者様のご希望に応える素材のご提案

患者様のご希望に応える素材のご提案

主にセラミックを使った審美治療で大切なのは、症例に合わせた素材の選択と、その活かし方です。
歯学における基本的な情報として、奥歯にはこの素材を、前歯にはこの素材を、とおおよその目安はあるものの、すべての患者様、すべての症例がそれに当てはまるわけではありません。
必要な修復物の形状や大きさ、患者様の噛む力や生活習慣、そしてご希望の白さや透明感など、適切な素材選びのためには確認が必要な点が多々あります。
患者様のご希望、そして歯科医の目から見たご提案があってこそ、ご満足していただける結果が得られます。

メタルフリーの審美治療メニュー

  • コンポジットレジン

    白い歯科用プラスチックを用いた詰め物です。
    セラミックより安価でありながら、近年素材の改良により、見た目の良さ、耐久性が向上しています。

  • セラミックインレー

    白い陶製の素材「セラミック」で作るインレー(詰め物)です。
    その美しさは天然歯に限りなく近く、周囲の歯との見分けが困難なほどです。

  • オールセラミッククラウン

    セラミックのみで作られたクラウン(被せ物)です。
    非常に美しく仕上がり、適度な硬度で噛み合う歯を傷つけません。内側が金属であるメタルボンドと比べて、透明感にも優れます。

  • ジルコニアセラミッククラウン

    ジルコニアセラミックも、セラミック素材のうちの1つです。
    オールセラミッククラウンに準じた美しさを持ちますが、その最大の特徴ともいえる強度・耐久性を活かし、奥歯に使用されるケースがよくあります。

  • ラミネートベニア

    歯の表面を薄く削り、そこへ薄く加工したセラミックやジルコニアセラミックを貼りつける治療です。
    ※剥がれるリスクはゼロではありませんが、その多くはエナメル質を削り過ぎ、水分が多く生じる象牙質にまで達してしまったために起きています。当院では、接着の大敵である水分と接着面が触れないよう、エナメル質のみをごく薄く削ることで、そのリスクを削減しています。

ホワイトニング

ホワイトニング

GC社の「ティオン(TiON)ホワイトニングシステム」により、歯本来の自然な白さに近づけます。

  • ホームホワイトニング

    ご自宅で、患者様ご自身で行っていただくホワイトニングです。専用のマウスピース型のトレーに薬剤を入れ、毎日2時間程度装着していただきます。オフィスホワイトニングほど薬剤の濃度は高くなく、歯は徐々に白くなっていき、オフィスホワイトニングに比べて、効果が長持ちします。事前に使用方法をご説明いたしますので、安全にお使いいただけます。
    使用期間は、2週間~1か月です。

  • オフィスホワイトニング

    オフィス(歯科医院)で行うホワイトニングです。薬剤を歯に直接塗布し、そこに特殊な光を当てます。高濃度の薬剤を使用しますので、ホームホワイトニングよりも短期間で歯を白くすることができます。
    ご希望の白さにもよりますが、2~3回の通院で処置が終わります。
    ホームホワイトニングと比較すると、やや色の後戻りが早くなります。

  • デュアルホワイトニング

    ホームホワイトニングとオフィスホワイトニングを組み合わせたホワイトニングです。
    短期間で、高い効果が期待でき、またその効果がホームホワイトニングやオフィスホワイトニングに比べて、効果が長持ちします。

ホワイトニングは歯を痛める?

  • 薬剤は酸性ですので、多少歯の表面が脱灰(溶けること)します。ただ、食べ物のほとんどが酸性であり、食事の際にも同じ現象が起きています。
    ホワイトニングによる脱灰も、唾液中に溶け込んでいるカルシウムが歯に戻ること(再石灰化)で自然に修復される程度のものです。また、薬剤には殺菌成分が含まれていますので、むし歯や歯周病の原因となる細菌を減少させる効果が期待でき、トータルで見ても、ホワイトニングがお口の健康を損なうようなことはありません。
    ご心配な方には、ホワイトニング後のフッ素塗布、カルシウム塗布などをご用意しております。

お口のお悩みは、
お気軽にご相談ください

「信頼できる歯科医院」として
一人でも多くの患者様のお口の健康を
支えていきたいと考えております

pagetop